筑波山にある小さな豆屋2016/11/28 09:41

2016年春 姪が乗馬を始めた。
5~6年前頃から日曜日にドライブを兼ねて道の駅を訪ねるのが家族の楽しみとなり,月2回は出かけている。
姪も運転させてと言うので、最初は少し怖かったけれどメキメキと腕を上げてしまい今では私は助手席に収まっている。
そんなある日つくば市にある「みづほ市場」に野菜を買うために出かけた。なかなか雰囲気の良い店で道の駅とは違うのだけれど地元の農家の人達が自慢げに展示している。特に試食用にカットされたトマトなどは1/4サイズなので食べごたえが半端じゃない、味も甘く野菜の香りが口の中に残りとても新鮮な感じを与える。
姪の乗馬はそんな市場の入口で勧誘していたかわいい子についつい乗せられて私も体験乗馬をする羽目になってしまった訳です。
 姪は気に入ったらしく入会してしまった。住まいから40キロも離れているのに乗馬クラブに入会してしまった。
 それが縁でつくば山付近も探索することに、そこで見つけたのが手作り職人の豆屋「常陸屋」とても小さなお店なのですが、なんとなく美味しそうな雰囲気のあるお店なので訪ねてみました。店の主人は東京に努めていたサラリーンから一念発起して豆屋になったとのこと。まだ若く話も面白く、しこたま買ってしまった。塩豆はまだまだ修行が足りないらしいけど美味しかった。その他の豆もとても美味しくて三人とも贔屓になってしまった。

お店紹介
茨城県つくば市国松793-3
電話029-866-2275
有限会社 常陸屋

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ko-bo464.asablo.jp/blog/2016/11/28/8261839/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。