干支2014/12/09 13:33

来年の干支を土鈴「羊」で仲間と作りました。
つくり方は最初に直径1センチ程度の団子を作り、それを新聞紙で包み野球ボールぐらいの
大きさにして、その上から粘土でソフトボール程度にしたら、穴をあけたり削ったり角を付たりして作りました。一つとして同じものができないのです。





飾り馬2014/07/22 09:42

  残っていた粘土をかき集め、埴輪飾り馬を久しぶりに作ってみました。
粘土は色々と混ざっているけど、鉄分の多い感じです。
  焼成は電気釜ですが、鞘鉢を使いやや強く還元をかけました。
成型後の前処理として赤土を少し掛けてあるので、その部分が光の角度によりゴールドに光っているのですが、写真ではよく見えないのが残念です。




            





ゴスペルママ製作日誌0012010/07/26 16:28

数年前になりますけど、創作土偶(埴輪)ゴスペルママを作った時の
写真がありました。画像は古いデジカメで撮ったので画質は良くない
けど観てください。
1完成品の写真
ゴスペルママ完成品
2-最初は轆轤に茶碗を作る要領で丸い器を作ります。もちろん底も付けます。
ここで重要なことはいかに丸く芯だしが出来ているかです。芯ずれがおきてい
ると後々まで響いてきます。芯ずれを修正しないで積み上げていくと重心が変
な位置になり安定せずにやがて倒れてしまいます。ここはDNAと思って慎重に
ゴスペルママ手順01
製作しないとダメですね。失敗を重ねてきた経験から。
どんな形でも最初はプリミティブな形状から進化していくのかな?


深鉢形土器の作陶完成2010/07/04 11:03

先週やっと深鉢形土器の作陶が終わり、ただいま乾燥中にはいりました。今週はクラブで製作している女子十二楽坊の製作に入る予定です。
クラブでは11体の作陶が済んでいるので最後の一体を私が作ることになってしまった、気がつけば全員の手伝いをしているうちに私の分だけが完成していなかったからです。



深鉢形土器


仮面土偶製作その22010/04/23 11:40

仮面
仮面土偶製作その2
 ようやく、ここまできました。仕事の合間に製作しているも
のだから、中々進まない。でもこのペースが私には都合が
よいのかもしれない。
 一気にに進めようとするとカタチが変形してしまい、思うよ
うなカタチにならないから焦って更に変形して最後は作り直
しに追い込まれる。
 
 つくづく粘土は不思議な性格を持っていることに気づく。水
分がおおければ泥漿にして型に流し込めるし、ある程度硬さ
があれば自由なカタチに作り上げられる。更に固めれば、木
彫のようなテクスチャーになるし、水分量で如何様にもなる。
 
 焼けば石になるし、釉薬を掛けて焼けばガラスのようになる
し、まだまだ新しい可能性がありそうだけどね。